足の緊張から見た体の変化(前傾姿勢の兆候)

2013-07-07

20120402_1953525

 

皆様はうつ伏せになった時
この写真の様に足の甲とベッド間に
隙間が出来ませんか?

今日はそんなお話です
「足の緊張から見た体の変化」です

来院されます大多数の方
特に「男性」にその傾向があります
それがこの足の甲が浮いている状態です

1)股関節の動きが悪い
2)お尻が硬い
3)前の腿が縮んで膝を曲げても90度程度しか曲がらない

この様な状態が良く見受けられます
実はこの姿勢を立った状態で行うと
がに股、ひざは軽く曲げる、腰は落としてお尻を少し後ろに出して・・と、そうですお年寄りの恰好なのです

ではこの状態で合わせ鏡の前に立ち
数分間じっとしてみてください
腿やふくらはぎなど色んな所にだるさが来ると思いますがそれが来院される時の違和感に以上に近い状態だと思います

但し、その状態で相当数の時間経過
なので急性痛(腰痛、肩の痛み、首の痛み)
お悩みを抱えてのご来院となってしまうのです

ならば、その姿勢を修正すれば
今お持ちのお悩みは軽減されると思います
ちなみにこの画像の来院者様は腰痛と慢性肩こりでした

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.