ラジオ出演:2013年2月4日(月)放送分

2013-03-02

2013/01/25記事 「腕で投球(肩の痛みの原因)2」

症例:腕で投球(肩の痛みの原因)2

前回の記事:腕で投球(肩の痛みの原因)

2013年1月25日(金)
おはようございます
今朝も気持ちよく起きれましたか?

さて、先日少年野球のお話でした
本日はその続編をお話します

前回のお話は投球時のグローブ側の引きが弱い事をお話しました

つまり、グローブを引かないと言う事
すなわち体幹の回旋力を使わない投球

腕で力の限り投げていると球速が出ないばかりか肩関節の故障を招くお話でした。

今日はそのお話を選手比較で見てみます。

<投球寸前の比較>1

ほぼ同じタイミングでの写真です

<左の選手>
1)体幹にグローブが密着して体幹が使えている
2)パワーにゆとりを残して投球

<右の選手>
1)左手が体幹に付いていない
2)その状態で投球すると肩に相当の過負荷

<更に投球直後のフォーム比較>
3
<左の選手>
1)まだグローブが体幹にひきつけ
2)しっかり体幹が使えている
3)投球後の安定感がある

<右の選手>
1)体幹から左腕が離れている
2) 腕のパワーで投げている
3)体幹が使えていない
※その状態では体幹から左腕が離れているために、体幹も不安定で身体のよろめきと目線が球筋を見ていない。

ピッチング以外でも遠投など
この様な投げ方を行っている
今回は、投球を通じての身体の使い方をお話しました

しかし、その身体の使い方
日常生活に於いても私たちも同じ
前後左右のバランスを崩した状態では同じところに負荷を掛ける(例えば筋緊張で片方の足の長さが変わるなど)動作を知らず知らずにしている場合もあり、場合によっては痛みに変化する事もあります。

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.