これまでの ‘症例報告’ をご紹介

1年ぶりの来院

2020-06-28

|来院者さま

 

50代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

2年前にご来院

1)慢性的な腰痛(過去に専門医での腰椎椎間板ヘルニア診断あり)

2)右股関節の痛み

3)慢性的な肩こり(巻きこみ肩)

 

その後月1回のペースにて1年半ご来院頂く、一旦好転し2年間間隔が空いての今回ご来院となる

 

今回の問題点

 

1)以前より良い (股関節・腰痛の消失)

 

前回来院時の当院指導のエクササイズ(臀部ー大腿後面伸展する前屈ストレッチ)

趣味で通うヨガで教わったエクササイズ実行

 

調子良いので間隔空いたのは運動療法を取り入れられた結果

 

 

2)-1数日前の庭木剪定(松の手入れ)→背部の緊張を感じる

 

2)-2左第3指が握れない

 

2)-3右2第指が握れない

 

上記から既往の肩こり悪化による、上腕外側および内側筋間中隔の萎縮から前腕ー手の機能障害を起こしたと仮定した

 

 

 

 

 

 

|術前後画像

 

2

左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

 

 

|目視評価

 

3)-1右肩が前方回旋(巻きこみ)

 

3)-23-1から背部に掛けて捻じれ(右臀部の起き上がり→股関節の軽度屈曲)

 

3)-3左足が短く見える(踵の左右位置)

 

 

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

20180819_2256281

右腕を足方から眺め断面にした、黄色○部分が上腕外側筋間中隔

 

 

 

4)-12-1-3と3-1を擦りあわせ考える、巻きこみ肩をセラピストが手技で開く→手の握りが楽に変化

 

更に上腕外側筋間中隔(上図)を刺激しながら「グー」を握る、ほか可動域の拡大を認める事で影響を及ぼしている事が濃厚

 

 

2020-06-28 07.26.07

四頭筋が緩むと膝は曲りかかとはお尻に当たる

 

 

4)-23-2は複数の要因がある、肩回りは左右巻き肩の問題から緊張と左右差、腹部ー大腿前面も緊張しているので股関節伸展動作も鈍く、うつ伏せで膝屈曲→臀部に付ける事すら出来ない大腿四頭筋過緊張(上図)

 

 

 

4)-33-3から特に右大腿四頭筋過緊張が顕著、より左側に対し軽度屈曲がより増す→臀部の盛り上がり

 

 

4-2と4-3の複合からも体幹の捻じれが生じ、立位の際は脚長差も加わり重心の掛け方の問題、座位でも体幹の捻じれから同様の筋緊張など過負荷が生まれる

 

 

 

 

 

1

 

ちなみにこの画像は初回ご来院の際、腰痛も肩こりも沢山問題点を抱えていた頃

 

そうしてみると今回1年間も間が空いたにも関わらず目視ではかなり好転していた、追加してエクササイズを頑張られた効果も見逃せない

受験勉強と肩こり

2020-06-21

|来院者さま

 

18歳 男子学生

 

 

 

 

 

|気になるところ

 

首の痛み、受験勉強をしていたら左の首が怠い痛み

 

 

 

 

 

 

|術前後画像

 

承諾を得ていないので今回は見送る

 

 

 

 

 

|目視評価

 

1)左の肩甲骨の盛り上がり

 

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-11から肩甲骨の前下方変位を認めた、右肩甲骨はセラピストが後上方に動かす事が可能、しかし左肩甲骨は可動域が少ない、依ってテーブルに押され盛り上がりを呈するも実際には巻きこみ肩が大きい事が分かる

 

 

 

2)-22-1の確認として仰向けに寝て上腕骨頭の左右高を確認、やはり左の方が巻きこんでいる事を確認出来た、小胸筋過緊張と大菱形筋の弱化

 

2020-06-20 17.44.47

 

 

2020-06-20 17.45.13

 

 

 

上記から大菱形筋ほか姿勢を修正する為のエクササイズを行う

 

3)-1シーテッドロウ 20㎏ 10レップ(回) 2セット

 

3)-2ラットプルダウン 20㎏ 10レップ 2セット

 

3)-3ワンハンドルダンベルロウ 6kg 10レップ 2セット

 

2020-06-20 18.00.11

円背骨盤後傾にて関節はゆるみの位置にて筋支持が高くなる→多裂筋弱化傾向

 

 

特に3-3ワンハンドルダンベルロウの際に姿勢が悪い、骨盤後傾で上肢を股関節との90度屈曲を支持しようとした、姿勢修正の為に多裂筋の強化エクササイズを行うも出来にくい事が判明

 

2020-06-20 18.00.05

多裂筋を使い骨盤前傾位に起こす→関節は締まりの位置になり骨支持力も高まり筋組織の過負荷が減少する

 

その事からも日常の姿勢座位にても骨盤後傾→円背→前方頭位が伺える、この修正を行い継続して姿勢維持からの首の痛み修正を行いたいと今後のメニューに入れる

 

 

 

理想は7日間隔30分の来院が良いとお伝えし次回の連絡を待つ

左腕の痺れ首の痛み

2020-06-14

|来院者さま

 

50代 女性

 

 

 

|気になるところ

 

1)首の痛み

頚椎ヘルニア→外科診断 発症は21日前で14日間整形外科に通う、SPCと温器法 ロキソニン投与→経過変化しないと感じてから好転を願う思いで頸部を温めた経緯もある

そこからの今回ご来院動機となった

 

 

1)-1首を左に向くと痛み

 

1)-2前後屈伸痛→特に伸展痛が酷い

 

1)-3左上腕外側 肘の痛みと痺れ、特に施術テーブル上でもヘッドピースをフラットに向ける際、上腕左に発痛、角度をつけて前屈曲位だと痛み軽減した、この事からも神経圧迫が伺える(伸展で神経根圧迫)

 

 

 

 

 

|術前後画像

 

無題

左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

|画像評価

 

2)-1正中線(真ん中の線)から左肩の方が面積大きく見える

 

2)-22-1の継続で腰部臀部も大きく見える→肩から体幹が左後方回旋している様に見えた

 

2)-3プライバシーの関係で頭部はお見せ出来ないが右倒し右向きになる(痛みの回避行為か?)

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

3)-12-1から体幹を右回旋にする動きが左方向に対し少ない

胸郭の動きが少ない

 

2020-06-14 09.19.56

腹斜筋群ほか背部の筋組織も過緊張を起こす

 

3)-23-1に準ず

 

3)-32-3はやはり有痛からの姿勢変化と思われ、ヘルニアを圧迫する方向へは動かせず、頸部は右向き下向きから他の動作が全く不可能、ほか他動的に動かすと左腕に響きが出る

 

先ずは消炎を行う為にアイシング20分 2回し変化を見た、すると僅かであるが左腕の痛みが和らぐ、この事から先ずはご自宅でアイシングを行い消炎に努めて頂く

 

3)-4腕の痺れについて

感覚異常自体本当に頸部からの問題だけなのか?

肩こりからの痺れも確認を行う、腋窩神経回りの筋組織緊張からの痺れも疑う→好転なし

 

しかし三角筋中部繊維を弛緩→痺れの度合いを10段階に置き換え確認VAS10→2へ好転した

 

2020-06-14 09.31.23

 

 

出来るだけの姿勢矯正は行うものの痛みの回避行為も含む、次回もアイシング消炎し頸患部痛以外の近隣組織の弛緩で運動連鎖を出し痛み軽減、および巻き込み肩修正からの姿勢矯正を行う

 

 

 

30分/週間隔にて経過観察

慢性肩こりと肩甲骨

2020-06-07

|来院者さま

 

30代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

慢性的な肩こり

 

 

 

 

|施術前後画像

 

無題

左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

|目視評価

 

1)-1左肩が盛り上がり

 

1)-21-1に対し右肩が下がり過ぎ(巻きこみ肩)

 

1)-31-1に続き背部や臀部の盛り上がりがある

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-11-1から胸椎左後方回旋に変位している、実際右回旋運動が困難に感じる

 

左大菱形筋と僧帽筋(上部線維)の過緊張を認めた

 

2020-06-06 16.46.52

 

2020-06-06 16.47.37

 

 

 

2)-2巻きこみ肩を疑いセラピストがクライアントの右肩甲骨を手で上行後方へ引き上げる、抵抗感強く動きが少ない

 

 

右小胸筋 肩甲下筋の過緊張を認めた、2-1と強調し体幹(胸郭)を回旋方向へ変位させ、更には胸郭上の肩甲骨アライメントを変化させたのではないかと推測

 

2020-06-06 16.47.57

 

 

2020-06-06 16.48.32

 

 

 

2)-32-2に準ず

 

術後右画像の様に肩甲骨位置アライメントの修正は出来た、以降経過観察を行う

胸郭の歪と肩こり

2020-05-24

|来院者さま

 

40代 女性

 

 

|気になるところ

 

慢性的な肩こり

 

 

 

|施術前後画像

1

左:術前 右:術後

 

 

 

|目視評価

 

1)-1左肩の盛り上がり

 

1)-2左肩甲骨が引きあがっている

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-1胸郭がやや左後方回旋して固着、右回旋運動の可動域が少ない

腹斜筋群、肋間筋など組織の固着からの運動低下、更には継続して捻じれた姿勢を保っている

2020-05-24 17.13.28

外腹斜筋

 

2020-05-24 17.14.03

内腹斜筋

 

2020-05-24 17.12.53

肋間筋群

 

 

2)-2肩甲骨自体を他動的に下制させるも抵抗感

僧帽筋上部繊維、棘上筋ほか肩の組織過緊張からの肩甲骨下制を抑制していた

 

2020-05-24 17.14.29

 

2020-05-24 17.14.56

 

 

上記を修正し術後の画像で左肩の盛り上がり、および倦怠感が減少した

古傷の腰痛4

2020-05-10

|来院者さま

 

70代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

腰痛ほかメンテナンス 前回リンク 古傷の腰痛3

 

リンク先にもある様に元来腰椎椎間板ヘルニアの既往あり、経年を経て急性腰痛が再発症しご来院、現在は定期的メンテナンスを行い温存的経過を行い中

 

 

 

 

|施術前後画像

 

1

※左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

|目視評価

 

1)-1背部の盛り上がり(猫背)

 

1)-2体幹の左屈

 

1)-3左臀部の盛り上がり

 

1)-4左脚がやや短い傾向

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-1肩甲骨が外転し固着(肩甲下筋 鎖骨下筋過緊張)、その影響から大菱形筋が引き伸ばされ抑制し固着、さらに胸郭深部にある組織と腹斜筋等の過緊張から体幹の回旋運動が困難、寝返り動作も鈍い

 

 

2020-05-10 07.40.15

 

 

2020-05-10 07.41.27

 

 

2020-05-10 07.40.42

 

 

 

 

2)-2左外腹斜筋の過緊張(体幹右回旋作用=左外腹斜筋 右内腹斜筋の協働)は左屈と体幹右回旋

 

 

2020-05-10 07.42.11

 

 

 

2)-3左股関節の軽度屈曲からうつ伏せでは臀部の盛り上がりに見えた、左大腰筋過緊張

 

 

2020-05-10 07.42.46

 

 

 

2)-42-3からの要因で左足が短く見える左大腿四頭筋、なお左大腿部の伸展作用が右比較から少ない事からも言える

 

 

2020-05-10 07.57.53

 

 

上記修正を行い術後画像へ至る、メンテナンスは必要でありご自宅でもエクササイズ指導しヒップリフトを10レップ3セッション/(週)程度行って経過観察

オーバートレーニングと腰痛

2020-04-26

|来院者さま

 

40代 男性

 

 

 

|気になるところ

 

急性腰痛

 

1)-1本来反り腰があり立ち続けると鈍い痛みがあった

 

1)-2痛みの部位に血行障害があると、近所の施術院にて弛緩と温めを行う

 

1)-3終了後靴も履けないくらい前屈痛も強くなり、翌日当院へご来院

 

 

 

 

|術前後画像

 

1

左:1回目 術前 右:2回目術後

 

 

 

 

|目視評価

 

1-1から、そもそもの反り腰がどうして発症するのか?

 

1-2から、術後痛み増加と言う事は炎症の様になった感がある、血行障害を起こした腰部の真の原因は何か→骨盤過前傾との因果関係

 

2)-1目視確認 左足が短い

 

2)-2左臀部ー腰部の盛り上がり※炎症

 

2)-3右肩の足方変位→下肢左短い姿勢を相殺する様に右肩を下げて重心取り→痛みゆえの回避行為

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

3)-1可動域を確認する事すら不可能、施術テーブルに乗るのがやっとで1回目術前に撮影、しかしながら安静痛も酷くアイシングにて消炎をするしか他ない

 

3)-27日後経過時点で消炎を確認出来た、回旋運動以外は消炎の為だろうか関節の終末以外は痛みを感じない

 

その状態にて2回目術後の画像撮影を行った、消炎しただけでかなり身体の捻じれが修正出来たのが分かる、勿論肩の位置ほか修正を掛けたのは言うまでもない

 

 

 

 

今回の真の原因を探る為に様々なお話を伺う、その時に私と同じサイクリストさんと言う事に気づく

 

ペダリングを行う際に踏み込んで異常に大腿四頭筋を使われている事が判明、靴とペダルを固定する為のビンディングと言う器具を使わない、スニーカーでの通勤時ヒルクライムを毎日織り込む

 

つまりオーバートレーニングである

 

先ずトレーニングの方法を見直すべきである、大腿四頭筋に負荷を掛けないでペダリング効率UPを行う指導、鏡を見ながら固定バイクで姿勢ほか身体の揺れなど、気付きを出しアンクリングを行わない運動連鎖を脳へ記録する

 

更には脹脛が弱いので踵を下げてしまうアンクリングを行う傾向、今度スタンディング&シッティングカーフレイズにて筋強化も併せて行きたい

メンテンンス継続と姿勢

2020-04-12

|来院者さま

 

40代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

定期メンテナンス、2年前からのご来院

 

1)-1慢性肩こり(交通事故にて頚椎症後遺症も含まれるとのお話し)

1)-2右股関節痛

 

 

 

 

 

|施術前後画像

 

1

左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

|目視評価ほか

 

1)-1左肩が微妙に盛り上がる(肩甲骨)

 

1)-2左足が短く見える

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-11-1と同時に巻きこみ肩、肩甲下筋・鎖骨下筋・小胸筋過緊張、胸郭上での肩甲骨自由度が少なくセラピストが他動的に動かそうとしても、まるで力を入れ抵抗している様に可動が鈍い(下筋画像は便宜上右側)

 

2020-04-12 07.11.31

2020-04-12 07.12.04

2020-04-12 07.12.32

 

2)-21-2骨盤後傾位にて左腸骨の前下方可動域の低下(健側右比較)、更に大腿二頭筋長頭に緊張と圧迫痛を確認

 

2020-04-12 07.13.18

 

術後画像の様に左背部の盛り上がりと左足脚長差を修正出来た

 

 

 

 

 

ちなみに2年前来院時の画像と今回術後画像を比較、継続してメンテナンスと姿勢の関係性が伺える

 

2

左:2018年4月術前 右:今回術後

 

 

これだけ姿勢が異なると体調も違うとの事、肩こりも以前のように酷くなく言い変えると楽しんでメンテナンスとの事

 

今後はメンテナンスに加え姿勢を維持する為の筋強化、および持久力を付けたいと伝えた・・調子良ければ施術時間をトレーニングに回せるようになる

覚えの無いぎっくり腰2

2020-04-05

|前回までの経過とリンク

 

覚えの無いぎっくり腰

 

 

朝起きていつもと変わらない炊事をしている最中、洗い物をしている最中に腰部へ痛みが起きた、それ以降動き難くなり腰痛発症

 

急性および筋性の様相なので先ずはアイシングでの消炎、更には股関節以降の動きを良くして可動痛を軽減し7日後の経過観察2回目

 

今回は可動痛もほぼ無く、関節可動域の終末(動き終わり)の部分にて違和感が残存しているとの事

 

 

 

 

 

|2回目術前後画像

 

1

左:術前 右:術後

 

 

 

 

|目視評価

 

1)-1術前は肩が角張ったように盛り上がっている

 

1)-2左でん部が大きく見える

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-11-1から巻きこみ肩を確認、術者が受動的に座位にて背を伸ばし胸を張る動作し難い、ほかご自身での(能動的)胸郭を拡げる動作がし難い、胸郭周辺の筋組織過緊張がある

 

2)-21-2から左股関節の軽度屈曲を認める、うつ伏せでも鼠蹊部(そけい・・股関節の斜めのしわ)に隙間を目視確認出来た、四頭筋の過緊張確認として膝屈曲動作を行うも左を中心に曲がらない、踵が臀部へ付かず屈曲100°程度しか曲がらない

 

2)-32-1-2から回旋運動ほか、動作の際に頸・腰椎が動きすぎ(可動性亢進)からの筋性腰痛、および腹横筋の筋低下からの脊柱周りの姿勢筋過負荷と想定、対して骨盤・股関節・胸郭等の可動域は特に低下を認めた

 

 

上記可動域の落差を減少させるための施術、および下記エクササイズを指導し自宅で行う事にして1か月後経過観察を行う

 

 

 

 

|エクササイズメニュー

 

1)プランク20秒最大だったので80%の負荷として16秒/2レップ(回)セッション(週)2-3回(腹横筋及び全身)

 

2)ヒップリフト 15レップ/2セット セッション2-3回(臀筋 ハムほか)

 

座業が多くほぼ運動されないので最小限にする、先ずはエクササイズに対して効果を感じ内発的動機を付ける事が腹横筋強化と同時目的

覚えの無いぎっくり腰

2020-03-29

|来院者さま

 

60代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

朝起きていつもと変わらない炊事をしている最中、洗い物をしている最中に腰部へ痛みが起きた、それ以降動き難くなり腰痛発症

 

 

 

 

|術前後画像

 

痛みからのうつ伏せになれない(腹臥位)ため、画像は撮影出来なかった

 

 

 

 

|目視評価

 

2020-03-29 06.14.33

 

1)-1 来院時にも立位維持できない

 

1)-2 歩行時に痛み、特に動作を行う際に強く動きは始まると何とか勢いが付く状態

 

1)-3 痺れや力抜けの感覚異常等はご本人も認めない

 

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-1 1-1-2に於いて冒頭にも書いたが動きがほぼ出来ない、但し椅子に座り前屈を行うと無痛で床の物が拾えるくらい可動域がある、起き上がる際も問題ない

 

 

2020-03-29 06.13.55

 

2)-2 2-1から考えても上下肢のうち、下肢筋群の接続を解除(座位)すると痛みが治まる事からもそこが元の原因と考える、こうお伝えするとご自身も右脚が最近痙攣来ていたとの報告を受けた、関連性も考慮し今後へ反映させる

 

 

2)-3 1-3と2-3から神経的な問題点は今の所少ない傾向、しかし筋捻挫の様に激痛と可動域制限が激しい

 

2)-4 2-2から臀部と下肢の筋弛緩を行い歩行及び動作時の脊柱負荷を軽減させる

 

2)-5 2-3から先ずは筋捻挫の様な炎症を抑える為にアイシング20分を行う→結果痛みの好転確認出来た→ご自宅でも行うようにアドバイス

 

上記から筋捻挫を起こしている部分が大きく、それ以降の真原因を探す事が有効と考える、従って先ずはアイシングを行い痛みを抑えるまでの7日間経過観察

« Older Entries

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.