これまでの ‘やわラジオ’ をご紹介

ラジオ出演:2013年8月5日(月)放送分 歩く時の姿勢に何故こだわるのか?そんなヒントが隠されています

2013-08-05
20130825-044717.jpg

2013年7月21(日)
午前9時から新市町備後吉備津神社にて
ノルディックウオーキング体験会を行いました

その中での気づきを数点書きます
そもそも当イベントでは姿勢の改善にて正しい歩行
そして体の柔軟性(特に体幹)を行い日常の動作の中で一部分だけの過負荷(痛み)を予防する趣旨で行います

なので
1)目線30m先を見て頂き顔を下に向けない
2)足の運び
3)体幹(特に肩甲骨や胸椎)の動き

この辺に重点を置いています

本日は1)について更に掘り下げます
この状態は想像して頂くとご理解いただけると思います
ズバリ前傾姿勢になり背中や肩回りの筋肉は常に緊張
そして血行障害や上腕関節の内包変位(巻き込み肩)腰やお尻の緊張や膝を軽く曲げてふくらはぎにまで負担を掛けます

ちなみにわざとこの格好で数分静止して見てください
この姿勢で体への影響(痛み)が出るのが自覚できると思います

ラジオ出演:2013年7月1日(月)放送分

2013-07-01

はじめてのノルディックウオーキングでのポールの使い方
2013年4月12日やわウオーク記事抜粋

写真 2013-04-12 10 46 51.jpg

4月も中旬に差し掛かり運動しやすい季節
そんな時期に「ウオーキングしたいな」
良く当院でも皆様おっしゃいます

私は迷わずお勧めするのがコレ
そうです(笑)ノルディックウオーキング
2本のポールを使う事により、体感的にはそんなに運動していないように見えて代謝は上がります

今日はそんなはじめてのお方
「興味はあるんだけれど・・」
そんな内気な?(笑)皆様が分かりやすいようにポールの説明をしてみたいと思います。

先ずは大まかに言います
上記の画像がポールです
この上側にある布状の部品を手にはめて地面を突きながら歩きます

それではポールの細部機能説明します

写真 2013-04-12 9 14 53.jpg
この画像は手に巻きつける部分です
”ストラップ”と言います
ストラップには向きがあります(左右)これはLEFTの表記で左手にはめます

ストラップを装着する事で手から離れない
つまりポールを突いて後方へ押しやる
その後、手を放してもポールが手中から脱落しない仕組みです(ヨーロピアンスタイル)

でも何故手をパーにする必要が?
そんな疑問をもたれるかもしれません
しかし、今日はポールの機能説明なのでその話は後ほどで
写真 2013-04-12 9 14 24.jpg
しかも、このようにポールから脱着可能
そんなワンタッチ構造になっています
実は、ウオーキング中に帽子を脱いだり何かをする際にポールを握ったままだと付近の人に当たるなど、とても危険なのでワンタッチ脱着は非常に便利

写真 2013-04-12 9 13 54.jpg
脱着ボタンはポール先端にあります
ここを押し込みながら手を引っ張る
簡単動作で抜けます

写真 2013-04-12 9 15 32.jpg
この部分はポールの2本継ぎ接合部
長さを調整して止めるそんなクランプ
爪を起こして長さを調整して再度爪を寝かして長さが変化しないように止めます

ポールのジョイント部(継ぎ目)には
メーカーにより”ねじ式”で止める方法
更には1本物の長さ固定、トラベル用の短くなる3段継ぎのポールもあるようです
写真 2013-04-12 9 16 12.jpg
そして、先端の画像です
ゴム状のグリップは”アスファルトパッド”です
メーカーで若干呼び名は異なりますが路面を捉えた際に傷をつけない&その衝撃が手首に伝わりにくくする為の部品です

写真 2013-04-12 10 46 23.jpg
そのアスファルトパッドを取った状態
先端が尖っています
この杭のような先が土などの路面が悪い場所でのグリップ力を高め歩行を安定させます


ノルディックポールってこんな感じです
結構かっこいいでしょう?(笑)
このポールを持っておしゃれにキメて街やアウトドアで春の風を感じてみませんか?

腹筋運動の意外な落とし穴

2013-06-03

-2013年5月5日やわウオーク掲載分-


連休の真っ只中
皆様は楽んでますか?
日頃体を動かさなくても行楽地を歩いたり

たまにはいいですよね
そんな時、急に腰痛
「ギクリ」と来ない内に予防策を!

腰痛と言えば腹筋です
その部分をメインに鍛えます
何故なら背中の筋肉を腹直筋が抑制して背中の筋肉を緩めるからです

その時にひとつポイント
腹直筋を使わない腹筋
そんな運動をされる場合を見受けます

外腹斜筋と内腹斜筋
その他身体を回旋する筋肉
腹直筋以外での上体を起こす運動です

特徴は起き上がりの際
左右身体を振りながら起き上がり
こんな時そんな筋作用が予測されます

あなたはこんな腹筋してませんか?

ラジオ出演:2013年5月6日(月)放送分

2013-05-06
 症例:頭痛が酷い時の姿勢の変化

<来院者様>
40代 男性

<気になるところ>
頭痛と慢性肩凝りにお悩み
今回も定期的なメンテナンスとして
当院への来院との事

<画像1>
2012.11.22.jpg
<画像2>
2013.3.1.jpg
<画像3>
2013.3.21.jpg

画像1→2012.11.22
画像2→2013.03.01
画像3→2013.03.21
時系列に並べてみました

そのときの気付きです
画像1は左の肩が右に比較
盛り上がりや後方回旋
そんな変位が画像では認められます

画像2はそうでもなく
左右の方の高さがほぼ均一
見た目では特に所見は感じられません

画像3は1と同じように左の肩
その部位に後方回旋のような
異常が認められました

この3点の画像からですが
1→頭痛が酷く吐き気もある
2→肩凝りはあるが吐き気までは無い
3→1同様の症状

この時系列から言える事
この来院者様は20日間間隔
それ以上の放置は吐き気と頭痛に悩まされる状態になる事

そして画像でも左の肩の後方回旋
そんな所見が見られる事
同じ症状だと体幹の変化も同じ状態になる場合もあります。

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.