膝の痛みとねじれ

2020-08-21

|来院者さま



40代 女性





|気になるところ



1)通常は問題ないが自転車で坂を上るとき右膝前部の痛み



2)左肩がこる



|術前後画像

2020-08-20 18.05.482020-08-20 18.41.53



|画像評価

1)-1右足が短い

1)-2左臀部が大きい

1)-3左肩が後方回旋



|可動域ほか評価

2)-1ヒアリングから更に階段を登るの際前腿が非常に倦怠感で辛い所見、どうも上る際に膝伸展筋(大腿四頭筋)を優位にしている

2020-08-21 08.01.25

仮説1:特に右股関節の安定力が弱い?→前捻角を確認すると過剰を認める、臼蓋と骨頭安定化のために股関節内旋を無意識で行う→股関節外旋位では股関節が安定しない

2020-08-21 08.02.17

仮説2:股関節骨頭を支持する大腰筋低下を疑う→筋力低下で股関節屈曲動作が健側左に対し筋力低下を認めたので促通と筋強化→仰臥位(仰向け)にて内股の側部「ハの字」がやや逆「ハの字」になる

2020-08-21 08.03.18

仮説3:膝伸展筋を使い登る動作→股関節伸展筋の確認→大殿筋上部繊維の弱化を認めた→大殿筋強化エクササイス実施と自宅での励行(10レップ 2セット 1-3セッション)、合わせて内転筋Trもアドバイス



2)-1左骨盤後傾位と言うよりも右寛骨が過前傾している傾向、また上部体幹の左後方回旋の捻じれからの影響を受けている



3)-1一見肩甲骨の位置異常にも見える、実際は肋骨が後方へ張り出しているように見えた、しかし前方での胸骨が左が盛り上がりやや右向きに見える

2020-08-21 08.08.422020-08-21 07.53.42 

仮説1:左前鋸筋・外肋間筋の過緊張から胸郭を膨らまし、その上に乗る肩甲骨を変位させ骨盤にも後方回旋の様に影響しているのでは?(肩自体も左側が頭方へ引き上げ)→まずは前鋸筋リリース→好転



術後画像の様に捻じれはなくなる、この状態で大殿筋Trを行い膝の痛みがどのように変化するのか確認する

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.