古傷の腰痛4

2020-05-10

|来院者さま

 

70代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

腰痛ほかメンテナンス 前回リンク 古傷の腰痛3

 

リンク先にもある様に元来腰椎椎間板ヘルニアの既往あり、経年を経て急性腰痛が再発症しご来院、現在は定期的メンテナンスを行い温存的経過を行い中

 

 

 

 

|施術前後画像

 

1

※左:術前 右:術後

 

 

 

 

 

|目視評価

 

1)-1背部の盛り上がり(猫背)

 

1)-2体幹の左屈

 

1)-3左臀部の盛り上がり

 

1)-4左脚がやや短い傾向

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-1肩甲骨が外転し固着(肩甲下筋 鎖骨下筋過緊張)、その影響から大菱形筋が引き伸ばされ抑制し固着、さらに胸郭深部にある組織と腹斜筋等の過緊張から体幹の回旋運動が困難、寝返り動作も鈍い

 

 

2020-05-10 07.40.15

 

 

2020-05-10 07.41.27

 

 

2020-05-10 07.40.42

 

 

 

 

2)-2左外腹斜筋の過緊張(体幹右回旋作用=左外腹斜筋 右内腹斜筋の協働)は左屈と体幹右回旋

 

 

2020-05-10 07.42.11

 

 

 

2)-3左股関節の軽度屈曲からうつ伏せでは臀部の盛り上がりに見えた、左大腰筋過緊張

 

 

2020-05-10 07.42.46

 

 

 

2)-42-3からの要因で左足が短く見える左大腿四頭筋、なお左大腿部の伸展作用が右比較から少ない事からも言える

 

 

2020-05-10 07.57.53

 

 

上記修正を行い術後画像へ至る、メンテナンスは必要でありご自宅でもエクササイズ指導しヒップリフトを10レップ3セッション/(週)程度行って経過観察

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.