オーバートレーニングと腰痛

2020-04-26

|来院者さま

 

40代 男性

 

 

 

|気になるところ

 

急性腰痛

 

1)-1本来反り腰があり立ち続けると鈍い痛みがあった

 

1)-2痛みの部位に血行障害があると、近所の施術院にて弛緩と温めを行う

 

1)-3終了後靴も履けないくらい前屈痛も強くなり、翌日当院へご来院

 

 

 

 

|術前後画像

 

1

左:1回目 術前 右:2回目術後

 

 

 

 

|目視評価

 

1-1から、そもそもの反り腰がどうして発症するのか?

 

1-2から、術後痛み増加と言う事は炎症の様になった感がある、血行障害を起こした腰部の真の原因は何か→骨盤過前傾との因果関係

 

2)-1目視確認 左足が短い

 

2)-2左臀部ー腰部の盛り上がり※炎症

 

2)-3右肩の足方変位→下肢左短い姿勢を相殺する様に右肩を下げて重心取り→痛みゆえの回避行為

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

3)-1可動域を確認する事すら不可能、施術テーブルに乗るのがやっとで1回目術前に撮影、しかしながら安静痛も酷くアイシングにて消炎をするしか他ない

 

3)-27日後経過時点で消炎を確認出来た、回旋運動以外は消炎の為だろうか関節の終末以外は痛みを感じない

 

その状態にて2回目術後の画像撮影を行った、消炎しただけでかなり身体の捻じれが修正出来たのが分かる、勿論肩の位置ほか修正を掛けたのは言うまでもない

 

 

 

 

今回の真の原因を探る為に様々なお話を伺う、その時に私と同じサイクリストさんと言う事に気づく

 

ペダリングを行う際に踏み込んで異常に大腿四頭筋を使われている事が判明、靴とペダルを固定する為のビンディングと言う器具を使わない、スニーカーでの通勤時ヒルクライムを毎日織り込む

 

つまりオーバートレーニングである

 

先ずトレーニングの方法を見直すべきである、大腿四頭筋に負荷を掛けないでペダリング効率UPを行う指導、鏡を見ながら固定バイクで姿勢ほか身体の揺れなど、気付きを出しアンクリングを行わない運動連鎖を脳へ記録する

 

更には脹脛が弱いので踵を下げてしまうアンクリングを行う傾向、今度スタンディング&シッティングカーフレイズにて筋強化も併せて行きたい

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.