覚えの無いぎっくり腰2

2020-04-05

|前回までの経過とリンク

 

覚えの無いぎっくり腰

 

 

朝起きていつもと変わらない炊事をしている最中、洗い物をしている最中に腰部へ痛みが起きた、それ以降動き難くなり腰痛発症

 

急性および筋性の様相なので先ずはアイシングでの消炎、更には股関節以降の動きを良くして可動痛を軽減し7日後の経過観察2回目

 

今回は可動痛もほぼ無く、関節可動域の終末(動き終わり)の部分にて違和感が残存しているとの事

 

 

 

 

 

|2回目術前後画像

 

1

左:術前 右:術後

 

 

 

 

|目視評価

 

1)-1術前は肩が角張ったように盛り上がっている

 

1)-2左でん部が大きく見える

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)-11-1から巻きこみ肩を確認、術者が受動的に座位にて背を伸ばし胸を張る動作し難い、ほかご自身での(能動的)胸郭を拡げる動作がし難い、胸郭周辺の筋組織過緊張がある

 

2)-21-2から左股関節の軽度屈曲を認める、うつ伏せでも鼠蹊部(そけい・・股関節の斜めのしわ)に隙間を目視確認出来た、四頭筋の過緊張確認として膝屈曲動作を行うも左を中心に曲がらない、踵が臀部へ付かず屈曲100°程度しか曲がらない

 

2)-32-1-2から回旋運動ほか、動作の際に頸・腰椎が動きすぎ(可動性亢進)からの筋性腰痛、および腹横筋の筋低下からの脊柱周りの姿勢筋過負荷と想定、対して骨盤・股関節・胸郭等の可動域は特に低下を認めた

 

 

上記可動域の落差を減少させるための施術、および下記エクササイズを指導し自宅で行う事にして1か月後経過観察を行う

 

 

 

 

|エクササイズメニュー

 

1)プランク20秒最大だったので80%の負荷として16秒/2レップ(回)セッション(週)2-3回(腹横筋及び全身)

 

2)ヒップリフト 15レップ/2セット セッション2-3回(臀筋 ハムほか)

 

座業が多くほぼ運動されないので最小限にする、先ずはエクササイズに対して効果を感じ内発的動機を付ける事が腹横筋強化と同時目的

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.