反り腰からの急性腰痛4

2019-12-15

 

反り腰からの急性腰痛
反り腰からの急性腰痛2
反り腰からの急性腰痛3

 

 

 

来院者さま20代 女性 反り腰から来る腰痛(詳細はリンクより)の現在までの経緯

 

 

 

 

|1回目施術

 

反り腰が要因の概要、更に左腸骨後方回旋と対側右側前方回旋から、仙腸関節の動きを阻害していると考えた、7日後に経過確認を行う

 

2019-11-03-19.03.52_thumb

 

 

 

 

|2回目施術

 

1)2-3日は楽であった

2)それ以降やはり寝起きの痛みが再発

3)アルバイトをすると抜けるように腰骨の中心が痛む

 

上記からと姿勢の確認を行うと初回に戻りつつある、問題なのはアルバイトでの重量物を持ち上げた際に腰部の真ん中(正中)に響きがある事、更に初回より痛みの場所が明確に感じて来た事

 

 

反り腰にて多裂筋の過緊張もあるが深部炎症している可能性、アイシングを追加して仙腸関節の動きを追加拡充し前回同様の施術を試みた

術後は問題無く楽になる、アイシングと併用する事でどのくらいの戻りがあるのか?確認しながら今後の施術計画を立てて行く、7日後の経過確認

 

 

 

 

|3回目

アルバイトしてもそこまでの痛みは減少した、今回は14日間来院間隔を空けて経過確認を行う

 

 

 

 

|4回目施術

 

腰痛再発

普段通りのアルバイトを含む生活にて際はと思いきや、今回は痛みの原因が分かっているとのこと、家族で遊びに行き壁登り(アスレチック系)で遊んだ後痛み

 

 

更に観光地故に車の後部座席へ2時間以上同じ姿勢にて座っていた事も要因との説明を頂く、アイシングにて急性を凌ぎ今回症状はイレギュラーと考え14日後に経過確認を行う事にした

 

 

 

 

 

|5回目施術

 

前回はやはりイレギュラーでの痛みらしいVAS3辺りで落ち着いた、やはり自宅にてストレッチを行い殿筋や背部(スーパーフィシャルバックライン)の弛緩、すると痛みが減少している

 

更に痛み増す傾向の際には前述組織の過緊張から反り腰が再発、更に股関節軽度屈曲(大腿四頭筋過緊張)もあり、動作時や姿勢に於いても股関節戦略がやや困難なのではないのか?(股関節を使い姿勢を調整)

 

2019-12-15 07.45.24

 

自宅での股関節ストレッチを追加、更に次回は施術時間を短くし歩行周期における骨盤回旋促通を行い動きの改善予定

 

2019-12-15 07.46.05

 

何故なら最初から気になっていた帰宅時歩行の異常、肩を左右に振り体幹回旋の動きが無い、その歩様を改善し恒久対策へ結び付ける

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.