反り腰からの急性腰痛

2019-11-03

|来院者さま

 

20代 女性

 

 

 

 

|気になるところ

 

1)腰痛

元来の反り腰、今まで現在ぎっくりの既往は無いがうつ伏せに寝ると腰が外れそうな感覚、アルバイトで重量物を持ち上げる様になり1年以降から腰痛の感覚

 

 

 

 

 

|術前後画像

 

許可ないので後日

 

 

 

 

|目視評価

 

1)左臀部の盛り上がり

 

2)1から左腸骨後方回旋(LP-IN)

 

3)1と2から右荷重している(重心線右寄り)

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

1)目視1と2から左膝を曲げ大腿二頭筋過緊張度合確認、左曲がらない 右曲がりやすい

 

2019-11-03 19.03.52

 

2)可動域1から右腸骨の前傾を疑い、仰向け(仰臥位)にて膝を屈曲し可動域の左比較減少を認めた(上図)

3)可動域1から左は大腿二頭筋・半腱腰筋ー腓腹筋(深部はヒラメ筋)からの足底に至る過緊張、左足関節背屈制限も認める

 

2019-11-03 19.04.35

 

4)可動域2から右大腿前面の過緊張、特に外側広筋の緊張は腸徑靭帯の絞扼抑制が作用している

 

2019-11-03 19.05.39

 

5)可動域3と4から仙腸関節の動き低下からの腰部代償行為にて可動域過剰からの炎症、さらに以前から反り腰で神経の通り道(椎間孔)が狭い原因を悪化方向へ持っていく

 

6)反り腰は仰向けにて術者の手が余裕で入るくらい浮いていた

 

 

 

上記時効の修正を行い次回の確認へ移行する、術後は腰が抜ける違和感も無く仰向けに寝ていられる様子

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.