慢性肩こりとほほの腫れ

2019-08-25

|来院者さま

 

40代 女性

 

 

 

|気になるところ

 

慢性肩こりにて頬の腫れ、やわらぎにてのメンテナンス以前は1年に1回頭痛を激しく伴う頬の腫れがある

 

 

術前後画像は今回部分施術(上肢)にて無し

 

 

 

 

|問題点

 

2019-08-20 12.03.43

 

慢性肩凝りから来る顔が腫れる来院者さま、まるで虫歯で頬が腫れている様子で口を大きく開けると痛み、そして指3本分開口出来ない・・顎関節症に似ている

 

 

肩甲骨 鎖骨の健側から見て下制し肩甲下筋や広背筋の緊張、または肩甲骨内転し下方回旋もしている、そこを好転させ頸部から頭部まで確認を行う、しかしその場で術後腫れに対して反応が薄かった(変化なし)

 

 

しかし帰宅後数時間経つと次第に腫れが引いたとの連絡を受けた、はっきりとした因果関係は説明できない、しかし来院者さまに依ると毎回肩こりが酷いと肩こり側の頬が腫れるらしい

 

 

 

 

|術後翌日

 

残念ながら今朝メールを頂き腫れが再発

当日また診るのであるが・・・正直原因がイマイチ掴めない、顎関節症の様に思えたがそうでもないらしく不明、ただひとつだけメールのやり取りの中で気になる事がある「横向きで寝る」なのだ、つまり今までの傾向として下にして寝た方向の頬が腫れ頭痛を伴うそうだ

2019-08-21 08.27.19

 

ここ1年間慢性肩凝りのメンテナンスを行いだして頭痛も腫れも出なくなっていた、今回久しぶりに出たのが「いびきがうるさい」と言われ横向きに寝出して、そこがどうやら因果関係ありそうだ

 

そうすれば肩甲骨は内方へ追いやられ各筋緊張が起こる、特に三角筋ほか腕の筋肉は下敷き血行障害傾向考えらる問題点は結構出そうだ、今後も経過して行きたいが先ずはいびき抑止の為に強制横向きで寝る事を止めて貰う事にして見た、これで発症するのかどうか・・・

 

 

 

|2日目再発画像とその後

 

2019-08-21 16.42.25

※2日目術前

 

来院者さまの許可が出たので画像を添付する、上画像は昨日の寝起きのもので左頬が腫れている、再発のメール連絡を頂いた際にお願いして撮影して頂いた

 

 

下画像は昨日午前中に再来院され術後経過5-6時間程度、左頬の腫れが引いている状態

 

2019-08-21 16.33.03-1

※2日目術後

 

明らかに頬の稜線がすっきりしているのが分かる、そして次回患側左を下にして故意的に寝ていたのを止め(肩凝り助長)検証予定

 

検証結果横向きとほほの腫れについ因果関係は認めなかった、今回は肩甲骨の位置や周辺の施術にて好転し以降子の腫れも出なくなった

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.