腰痛とアーチ低下

2019-03-24

|来院者様

 

60代 女性

 

 

|気になるところ

 

腰痛

 

以前からあったがそこまで気にならなかった、今回急に痛み既往もあるので来院との事

 

 

|施術前後画像

 

許可を得てないので掲載なし

 

 

|問題点

 

直接の原因は大腰筋と多裂筋の不均衡、大腰筋の弱化

 

しかし大腰筋の症例は良くあるので今回は切り口を変える、偏平足と外反母趾の様に慢性的な要因をお持ちなのでそこから探る

 

 

 

 

|アーチの低下と偏平足

 

 

内側縦アーチの低下(偏平足)と外反母趾について、ます下図の筋腱に依り内側縦アーチを成している

無題

※左足内側から眺める

これらの張力や筋力を失うと内側縦アーチが失われ、足を地面に着く際の衝撃を緩和しなくなるのは周知

 

特に後脛骨筋・前脛骨筋の低下にて内側楔状骨と舟状骨が地面方向へ移動、この事で偏平足の直接の原因と言われる

 

2019-03-23 13.17.41

 

更に偏平足になると前側横アーチも崩れる、結果的に外反母趾にもなりやすい事が留意

 

これは当院の傾向であるが特に女性の腰痛持ち来院者さま、横アーチが正常ならば接地し難い場所(第2-3趾)へ皮膚の腫厚が見られる、歩行の崩れも臀部や下肢の使い方もしくは筋バランスの崩れからの姿勢変化など原因のひとつと考えやすい

 

無題

 

赤○部分が外反母趾でありその上の画像も縦アーチ減少が見られる

 

もちろん本症例での腰痛は大腰筋ほかアプローチにてVAS8-38痛みの10段階評価数値化)にまで落ちついた、更に冒頭に出て来た筋群のトレーニングをアドバイスし、これ以上外反母趾が進行しない様にと思う

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.