右脚の骨折後脚力低下

2019-03-17

|来院者さま

 

50代 女性

 

 

|気になるところ

 

1)定期メンテナンス(慢性肩凝りおよび疲労回復)

 

2)右足かかと骨折後の予後メンテナンス

 

 

 

 

|施術前

 

1

 

 

 

 

|目視評価

 

1)今回は2について書く

 

2)-1左臀部が大きい(右を骨折後からも使って無い)

 

2)-2左脚膝下内旋、大腿内旋

 

 

 

 

|可動域ほか評価

 

2)左股関節の外旋制限→左脚が荷重側で酷使している

 

3無題

 

上図の様に荷重を掛けているので左内腿へ引っ張られた緊張と痛み、外腿へは固く縮んだ組織とお尻への影響(腸徑靭帯ー大臀筋)し盛り上がっている、触診時は同じ緊張部位であるが伸張ストレス解除する為に圧縮側の調整を行う

 

2019-03-17 07.15.36

 

 

対して右の非荷重側は筋力弱化、特に足蹴り抜けの際お尻の筋力低下(大臀筋)と内転筋群が作用しない為(内旋作用もある)、股関節もがに股向き(股関節外旋位)になっていた強化が必要だ

 

 

2019-03-17 07.23.31

 

 

 

 

|施術後

 

2題

 

臀部の大きさ(左右差)と足の開き左右差も少なくなる、以降内転筋群の筋強化ほかとレーニンング指導と励行

 

以前は踵の骨折の予後経過からも地面を踏む、足首を底屈させるだけで痛みがあった、しかしその痛みはかなり減少されている

 

つまり足部の不自由さが乗じて痛みを脳が記憶し脚力まで低下、その事で痛めた古傷が痛みと感じ余計に使わなくなる、歩かなければ余計に足部への床反力などの刺激も減少、いつまでも良くない連鎖は断ち切れないのである

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.