肩と首の慢性痛

2018-07-22

|来院者様

 

40代 男性

 

 

 

|気になるところ

 

1)首こり

 

2)肩こり

3)後頭部頭痛(月に2回程度)


 

 

|施術前

1

 

 

 

|目視評価

 

1)左足が短い

 

2)左肩甲骨位置異常(後方盛り上がり 頭方挙上)

立位座位では肩甲骨頭方挙上は左下制だった、1の脚長さと坐骨位置が影響している可能性と考えた)目線の平行を保つために変調した可能性もある

 

3)臀部左後方ねじれ、もしくは体幹右ねじれ

 

 

 

|可動域他評価(no目視評価に準ず)

 

1)左股関節屈曲位にてお尻が盛り上がって見える、なので左足が短く見えたのでは?

さらに過去ぎっくり腰の既往もあり気になる

 

2018-07-21 06.47.43

※SLR

 

ちなみに仰向けでも下肢伸展挙上テスト(SLR)が陽性、痛みは無いが脚の上りが良くない、しかし一旦膝を曲げふくらはぎの緊張を減じて股関節を曲げると腿がお腹に付く

 

つまり腓腹筋の緊張が股関節の動き減じて歩行時ストライド減少、頭部上下動も多くなると推測した

 

 

2)左肩甲骨位置異常(後方盛り上がり 頭方挙上)

仰向けにして確認した所左巻きこみ肩、肩甲下筋 小胸筋から鎖骨周辺の筋緊張が強い

2018-07-21 06.50.25

※小胸筋

2018-07-21 06.51.43

※肩甲下筋(深部の為体幹から取り外して見た)

 

また頭部と胸部を連絡する頸部は顎二腹筋の過緊張にて緊張影響を受けていた

2018-07-21 06.53.59

※顎二腹筋

 

3)臀部左後方ねじれ、もしくは体幹右ねじれ

臀部の捻じれは前述したが背部の緊張から左右差の左盛り上がりがある

 

左を中心に脊柱起立筋の過緊張があり多裂筋の作用を阻害している可能性もある、リリースを行い経過観察

2018-07-21 06.56.48

※脊柱起立筋

2018-07-21 06.57.50

※深部にある姿勢維持する多裂筋

 

 

 

|施術後

2

肩位置異常、足の長さは揃う

 

若干左でん部の盛り上がりが残るが次回へ経過観察、実は2回目も施術終了している、好転したとの事で次週はまた報告を行う

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.