1年前の腰痛再発2

2018-07-01

|前回までの経過

 

リンク:1年前の腰痛再発

 

1)腰痛

前日から痛み、以前専門医へ行くも長期間に掛かり好転感じにくかったとの事、今回初めて近所と言う事もあり今回整体初体験来院

専門医に掛かっても長期に渡る症状、気になりカウンセリングにてその部分を掘り下げる

 

 

1年前に急性腰痛にて半年整形外科へ通院、初期の診断にて骨には異常なしと言われ物療へ通い経過観察、しかし半年間の痛み継続から慢性痛と通院は長すぎる

 

 

座位で話を伺う段階でも腰椎の過伸展、慢性的かつ酷い肩こり、その言葉からも腰椎椎間関節を背中の筋肉で圧迫し、神経の通り道を狭くしているのではなかろうか仮説

 

 

先ず本題に入る前、座位と立位にてご自身で前屈・伸展・側屈・回旋運動をして頂く、現状の痛みが伸展で強くなり前屈で楽になると言う特性が分かる

以降、腰痛への評価法を絞り込んで行う

 

 

 

2)首の痛み、左首から肩にかけての痛み(左屈すると右頸側部が突っ張る)

 

腰痛と併せて評価を行う

 

 

評価の結果、多裂筋の炎症にて先ず消炎を待ち再度確認

 

その原因として反り腰があり脊柱起立筋群の過緊張を弛緩する為にも大腰筋などアプローチ、今回の経過観察となる

 

 

 

 

 

|3回目施術前

 

実は2回目の施術は好転はあるもののお子様が参加される少年野球の練習参加、キャッチャーをされ一旦好転したが再発しその後3回目の経過観察の報告とした

 

以下画像は施術前初回と今回3回目の術前比較画像である、分かりやすいため敢えて掲載した

 

1_thumb102

初回術前

 

1

3回目術前

 

 

初回術前は左足が短い、しかし3回目には何も手を加える前から戻りも無く経過は良好である、痛みも2回目の再発以来出ていない

 

 

 

 

 

|問題点

 

反り腰原因の腸腰筋(大腰筋 腸骨筋)の調整

 

2018-06-30 13.03.05

 

 

 

反り腰になると骨盤を元の位置へ戻そうとする臀部(大殿筋 中殿筋ほか)と腿裏の筋緊張(内:半腱様筋 外:大腿二頭筋)があり、弛緩修正にて更なる姿勢改善で今後のお痛みを抑制する

 

2018-06-30 13.02.34

 

 

 

 

 

 

|3回目施術後

 

2

 

姿勢修正ほかがに股修正出来た、腰痛は無くなったものの頸部痛があるので継続して好転へ望む

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.