骨盤捻じれて股関節が痛い?

2018-02-25

|来院者様

 

20代 女性

 

 

 

|気になるところ

 

産後骨盤ベルトを締めなかった、それが原因なのかわからないが左右股関節(特に右)の痛みがある

 

2018-02-24 07.51.38

この動きを行うと痛み

 

|痛みの部位

 

2018-02-24 10.48.17

 

 

 

1)腸骨唇

 

2)鼠蹊部(そけいぶ)下面

 

 

 

 

 

|施術前

 

2018-02-23 14.35.00

 

 

 

 

|画像ほか可動域等評価

 

2018-02-24 10.56.55

 

1)骨盤の不安要因から(上図)・・・右腸骨が左に対して前下方へ変位、逆も左腸骨が後下方へ変位しているようにも思える、今回は右の痛みが多い事と大腿前側面の緊張および圧迫痛が大きい事、右脚が短い事からも疑う、しかし前腿(大腿四頭筋)の萎縮は膝を曲げ臀部と踵の距離を測るが左右差は無い

 

2)慢性的肩こり・・猫背が酷い、授乳後期と言えどもバストが張り尚更前傾姿勢が背中の緊張高め凝り感、更に巻きこみ肩になる

 

 

 

3)巻きこみ肩

 

2018-02-23 15.08.36

左:施術前 右:施術後

 

本来は左右同じように巻きこみ有り、股関節も右主訴あるが故修正を行った後左画像の撮影した

 

途中経過で来院者様への現状確認として行う、本来なら右も施術前の画像が良いが今回は手順上こうなる

 

それでも左上腕骨頭が修正後の右に対して浮き上がって巻きこみ、この状態が確認出来たが修正後胸が開く

 

 

 

4)右脚が短い・・大腿筋膜張筋と腸脛靭帯が股関節屈曲作用で骨盤(腸骨)前下方へ抑制

 

2018-02-24 07.50.54

 

股関節の痛みと直接かかわる部分で修正を行う、足底の皮膚や筋組織も触診時硬く圧迫痛も多い

 

前記の事からも軸足の傾向があり、ご本人へ確認した所無意識の立位姿勢では右に体重を掛けている

 

更に妊娠から出産に至るまで20kg太った、静脈瘤も起こし脚への倦怠感も多かったと推測された

 

 

 

 

 

|施術後

 

2018-02-23 15.31.00

 

修正後足の長さもほぼ修正され、体幹右捻じれも確認できる、ただし左でん部の盛り上がりは修正できず今後の課題となる

 

巻きこみ肩も中段画像からも行えた、股関節の痛みはVAS7→VAS2になり鼠蹊部を圧迫すると違和感程度になる

 

7日後経過観察とした

 

 

主訴は骨盤の異常と感じていた、実際には体重増加や猫背など重心位置が正規でない事、片脚へ荷重を掛け続けた事と思われる

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.