腰痛(ヘルニア)のケアリング

2018-01-21

|来院者様

 

30代 男性

 

 

 

|気になるところ

 

腰痛の定期的メンテナンス(月1回)

 

既往のヘルニアL4-L5の温存にて来院、昨年の夏から右腰痛として継続来院

 

 

 

|参考画像

 

image

 

第4-5腰椎椎間板から後方へ向けて繊維輪の異形、および神経根への干渉が見られる

 

症状として右足の痺れ、腰部安静痛で特に朝起床時に痛みが増大する特徴

 

昨年6月初回来院にて9月以降ようやく小康状態(VAS9→2)、更に好転しながら現在痺れは無いが重く怠い感覚を残しメンテナンス現状維持

 

 

 

 

|施術前後

 

20180117_2095971

左:術前 右:術後

 

 

 

 

|目視確認

 

1)背部の緊張や肩の盛り上がり(特に左)

 

2)左臀部の盛り上がり

 

3)左脚が短い

 

 

 

|可動域他評価

 

元来右側へ問題がある為に左側を使い筋力過負荷発達、特に左片脚立位で使うのか?大腿直筋や大腿筋膜張筋と腸徑靭帯の緊張も大きく、股関節を軽く曲げているからうつ伏せで左臀部が大きく見える

 

20180117_2095973

 

対して右側は筋弱化傾向があり股関節可動域の差も大きい、左右に動きを出して脚長差を修正したのが右術後画像、左肩がやや盛り上がりを見せるが全体的な凸は減少した

 

腰背部の緊張もあるため骨盤後傾動作が不十分であり歩行他動作の妨げになる、ただし修正のを行いたいがヘルニアの刺激を勘案すると不用意に運動負荷できない、今後の課題とする

 

 

 

 

 

|次回以降対策と経過観察

 

同様に1か月間隔で経過観察、骨盤帯の動き(後傾)を出し胸郭との動作連携を出す、その事で日常動作での患部(ヘルニア)への振動ほか圧迫刺激をより少なくしたい

 

自宅でのエクササイズを取り混ぜて体幹強化ほか行う、長期的にはVAS1程度で気にならないレベルまで移行させる

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.