肘の痛み(動作痛)3

2017-12-17

|現在までの経過

 

リンク

肘の痛み(動作痛)

肘の痛み(動作痛)2

 

2017-10-28-14.28.32

 

肩から肘にかけての動作痛にてご来院

 

上図の格好のまま左腕を上げると肘から肩にかけての痛み、それ以外は痛みが無いとの事である

 

 

 

評価中に判明した事であるが、施術テーブルにて寝返り動作をお願いした所、体重を掛けたら同上部位へ痛みが出る事判明

 

発症して1カ月経過の際、専門医にてレントゲン鑑別で異常ないと鎮痛剤処方との事、今回ご縁で当院へ来られた

 

 

 

 

|2回目施術(前回分析にて傾向と対策)

 

目視評価では患側左の肩が巻きこみ肩(内方内旋)胸の筋から腕への筋緊張が見れた、先ずはその筋委縮原因による骨頭と臼蓋の位置関係を正常化

 

 

その為にも巻きこみ肩を修正すべく施術を行う

 

無題

左:第1回術前 右:第2回術前

 

術直後VAS8→2~1程度に痛み治まる、7日後に経過観察と戻りを確認する

 

上記1回目術前と比較して左肩の巻きこみ肩は修正されている、逆に右の肩が目立つが本来の肩こり(僧帽筋や広背筋)緊張の為ベッドから浮いたようにも見える

 

 

 

 

 

|3回目施術前

 

無題

 

残念ながら戻りが激しく再び左巻きこみ肩になる、五十肩(凍結肩)症状はこの様に戻りが激しいので想定内

 

 

施術を行った際には好転認められる、しかしながら組織の完全復活に伴う骨アライメントは長期に掛かる、以降その事をお伝えして施術時間も30分と短縮しエクササイズを取り入れて施術を行う

 

 

 

 

 

|滑車運動(自動)

 

2017-12-16 15.06.25

 

右手(健側)にて左手(患側)を引っ張り腕の関節(肩甲上腕関節)の動きを良くする

 

他動運動(術者が行う)では全身の力を抜いて動きの疎外因子をなうべく除去、その上での筋組織を引っ張り伸張運動を行い好転を狙う

 

 

 

対して、自動運動では意思を持って動かして頂く、更にその動作を目視確認をして頂き脳へも情報を送り関節のロックを緩めるように動作を取り戻す

 

施術∔エクササイズの両面で好転を狙う

 

 

 

この動きでかなりの可動域を取り戻した、五十肩は痛みが無くなり関節の動きが戻るのではない、動きが好転してやがて痛みも無くなるニュアンス

 

癒着や筋委縮により固着している部分が離れ伸びる際に痛みを伴う、なので動かないと次への進展はない・・もちろん今回症例の様に慢性期以降回復期に言える事である

 

 

次回進展次第症例報告を行う

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.