急に足が痛くなる持病股関節の原因か

2017-10-01

|来院者様

 

30代 女性

 

|気になるところ

 

右脚が痛く歩けない、元来先天性の股関節亜脱臼症あり

 

来院5日前に激痛、安静にしていても楽ならないし寝ていても痛みで目が覚める

 

当番医も近所になく仕方ないので自宅にあるボルタレンを飲んで痛みを凌いで現在に至る

 

痛みの評価 VAS7

 

この時はご本人様元々の股関節の原因から今回の痛みへ繋がったと感じている

 

 

 

|施術前

1

 

 

 

|目視評価

 

1)肩・・右肩が前足方へ下がっている

 

2)体幹・・「C形状」に歪んでいる

 

3)臀部・・左後方回旋

 

4)脚長差・・左が短い

 

 

 

|動作他評価

 

詳細に脚の痛み(股関節から大腿横辺り)どの動作にて発痛するのか再確認

 

左を床面にしてうつ伏せになる際に痛みが出る

 

目視評価にて体幹の捻じれの原因として右外腹斜筋の萎縮が伺え、作用として左回旋と右屈を起こせば画像変位となる

 

2017-09-30 13.34.26

※右外腹斜筋

 

右足をかばい跛行(はこう)を左メインで行うと臀部の萎縮も起こす、大腿二頭筋や半腱様筋 半膜様筋の緊張から骨盤を後下方へ変位させお尻が大きく見える(跛行・・・足を引きづり歩く)

 

2017-09-30 13.33.35

※左から、半膜様筋 半腱様筋 大腿二頭筋 長頭

 

 

 

|施術後

2

体幹捻じれ、脚長差および修正を行う、真の原因として冒頭に触れた先天性の股関節亜脱臼とは異なる、実際は腰部のトラブルから脚の痛みへ転化したもの

 

術中に原因を探るべく会話、その中で携帯電話をうつ伏せになり長時間行う、はたまた左脚の痺れがあったなどのちに重要な情報があった、そちらの方面で仮説を立て施術を行う

 

術後は体幹も真っ直ぐになり両足同じように体重を掛けれるようになる、歩様も跛行ではなく通常に歩ける

 

VAS2まで落ち着いた、7日後戻りと予後確認を行う様にした

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.