左の開脚時の痛み

2017-04-16

|来院者様

 

30代 女性

 

|気になるところ

 

1)左の股関節が開かないし痛い、ストレッチしてもいつまで経っても柔らかくならず、伸ばす際に痛みを感じる

 

 

|施術前

無題

 

 

|視診

左脚が短い

左のお尻が大きく見える

左の肩甲骨が盛り上がる

画像では分かりにくいが左肩が右比較にて低い(足方へ下がる)

 

 

|問題点

 

-1左の股関節が開きにくい+伸展痛は長内転筋の緊張

 

-2図の様に恥骨から大腿骨(粗面)についている

2017-04-15 12.23.42

 

-3左腸骨筋の緊張

2017-04-15 12.16.14

-4腸骨筋は大腰筋と一緒になり骨盤の内側から大腿骨小転子付着

 

-5大腰筋が緊張しているので隣接する腸骨筋も緊張、大腿骨を上に引っ張る、その事で長内転筋も萎縮し伸びなく機能低下

 

-6更に大腿部前面も緊張していた為左脚も短くなる

 

-7左臀部も緊張、骨盤を後下方へ牽引しお尻が大きくなる

 

-8左外腹斜筋の緊張から体幹右回旋、うつ伏せ時に余計左のお尻が大きく見える、緊張すると下記図の様に体幹を歪ませる

2017-04-14 09.34.39

※モデルは側屈:右外腹斜筋 回旋:左外腹斜筋

 

-9左外腹斜筋の緊張は左の脇腹を縮め(骨盤けん引)右の肩を引き上げる(右わきの下を引っ張る)

 

-10施術を行い、体幹の捻じれを戻し足の長さを揃える、左の開脚時痛が消失

 

 

 

|施術後

2

目視でも足の長さが揃い正中線も出る

 

左の臀部がやや大きいと思えるが、軸脚なので筋力があるのだと想定

 

但し筋力があってもいつもあてにして使うと疲労する、疲労した筋肉は出力が低下するので更に頑張り疲労の連鎖

 

今回も股関節の問題かと端的に見ればそう、しかしながら複雑な要因が絡み合う

 

つまり何処かでリセットをしなければならない

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.