左の腰痛から右へ痺れ

2017-03-19

|来院者様

 

40代 女性

 

|気になるところ

 

1)最初は左の腰痛、次第に右臀部で2~3日前から痺れ違和感

 

2)首の痛み 特に右

 

 

|施術前

 

1

 

|問題点



1)-1左肩(肩甲骨)足の方へさがってい(下制)


1)-2左の骨盤が頭の方へ上がっている(左腸骨挙上)、肋骨と骨盤の距離が短くなる


1)-32の理由から左脚が短い


1)-4左のお尻が大きく見える(左後方腸骨)、仙骨も後方回旋


1)-5お腹の筋緊張(左内腹斜筋もしくは右外腹斜筋の緊張)


1)-6お腹と股関節を繋げる筋緊張(腸骨筋緊張)

1)-7右の足の裏が硬い(長趾屈筋腱緊)圧迫痛、および足底腱膜過緊張

1)-8右腸徑靭帯過緊張


1)-9上記から右下肢から骨盤を介し左上肢の緊張、特に上肢は左側に症状が集中

 

 

 

2)-10僧帽筋上部繊維緊張、特に左側に見れた


2)-11左肩甲挙筋 胸鎖乳突筋過緊張


2)-12首の左回旋+側屈動作につまりがある、(上頭斜筋と小後頭直筋)緊張、弛緩を行うと好転した

 

 

 

|術後確認

 

1)-13術後も右臀部(腸骨唇から大殿神経経路および仙骨神経神経左右)から裏腿中心(坐骨神経出口から坐骨を経由、大腿神経経路)に至るまで尖った痛み残存


1)-14軽い前屈位、腰部牽引にて痛みが軽減された、やはり炎症しているのでアイシングを行う


1)-1514にて経過観察7日後(アイシングにて消炎期間を設けた)、のち痛みの確認を行う

 

 

|施術後

2

施術後、目視では姿勢の捻じれは修正出来た

 

のち腰部の炎症から来る痛みの回避行為(姿勢を捻じらせ痛みから逃れる)の好転、7日後に確認の為来院を促す

 

この事で右臀部の痺れや違和感の痛みがどのくらい減ずるのか、また今後の施術計画を立てたい

 

次回確認事項の報告とする

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.