右肩が外れそうな感じ3

2017-02-19

|第1回目の施術の所見概要(右肩が外れそうな感じ


部活のバトミントン中に右肩外れた感じ、 試合中から帰宅後の痛みでの来院

 

 

 

肩甲骨が肋骨へ張り付いている事で肩関節周囲炎(五十肩)症状、今回症例の「原因」と見る
 

施術にて体幹の捻じれを開放、更に右肩の肩甲骨が体幹へ巻き込んでいる事を軽減、次回7日後2回目の経過確認へと続く

 

 

 


|第2回目の施術の所見概要(右肩が外れそうな感じ2


特に右肩巻き込みについて(前鋸筋 大胸筋緊張)好転が少ない、更にこの症状を改善させるよう施術を行う
 

肩甲骨と腕の境目、肩の深い部分への肩甲骨干渉痛(肩峰下・棘上筋腱板)と腕の付け根の痛み(上腕二頭筋長頭腱炎)
 
 

 

 
凝りでロックした肩周りの関節をほぐし動きを改善、同時に関節消炎を促すためにも運動量の制限、次回7日後3回目の施術となる

 

 

|第3回目の施術の所見概要

 

1)右肩が良くなる

-1スマッシュは打って無い(前回の運動制限指導)

-2ストレッチの励行ダイナミック(動的なアップ)とスタティック(静的なクールダウン)

-1左のお尻が大きい(左後方腸骨)

-2左脚が短い

-3左臀部筋の過緊張が認められ、自動運動前屈が困難(右側は容易)

-4右肩甲骨の下制は好転

-54の症状は次回1ヶ月後の経過確認とする、8割のパワーでラケットを振り消炎に努める

-6来院1週間前に全力で打ち痛みを確認する(1ヶ月間で完全消炎の確認)

 

 

 


|4回目1ヶ月後施術前

1

 

1)大丈夫、全く痛みが消え全力でラケットを振っても痛みが無い

-1右肩甲骨の巻き込み肩(内方内旋)

-2前鋸筋 大胸筋過緊張、相殺するように僧帽筋上部繊維緊張

-3体幹の過緊張(特に左)

-4左のお尻が大きい左後方腸骨(体幹捻じらせていても下肢上肢への影響のみ脚の長さは良い)

-5足底ほかタコ、足底靭帯の過緊張は普段地面を握りしめて歩行している予測

-65にて足底筋力UP 、つま先立ち運動追加にて今後も月1回程度のメンテ来院を勧めた

-75にてストレッチ励行(股関節以降末梢関節まで緩める)

 

 

 

 

 

|施術後

 

2

左右の肩の高さも揃い見た目にも変化が現れた、右肩が浮き上がる事により肩甲骨下の棘上筋腱板が解放され圧迫痛と炎症が治まった、今回の症状はこれに終了経過は定期メンテナンスが必要

 

 

学生さんでも特にクラブ活動をされる場合、この様な関節の動きや位置を時折確認するべきである

 

何故ならば成長期、もしくは骨格の硬さ不足(成長段階)にての同じ運動繰り返し、時にして痛みにさえなるので何処かで手を入れるべきだ

 

 

やがて成人して瘢痕(あと)が残る事も良く来院者様には伺える理由からも言える

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.