首を回すと音がする2

2017-01-15

|前回までの経過

リンク:首を回すと音がする

 

 

|詳細

 

肩凝りや首の凝りにて来院

 

1)肩凝り


2)首コリ※ぐるりと回すと「ゴリゴリ」音がする

3)足先の霜焼け

 

以前マッサージを受けていたが今回当院HPを見て来院との事

 

第1回目の術後、体幹および足部の捻じれが修正される、以降術後経過を7日後に設定

本症状も「関節の動きが少ない=柔軟性の低下」と「腹筋群&頸部前面の筋力低下」、この原因が日常生活の中長きに渡り出来上がるもの

 

2回目の来院時に術後整えた身体の捻じれと症状がどのように変化、その経過観察を行い次の手を打つ

 

 

 

|2回目施術前

無題1

 

|経過と問題点

 

1)首の音が少なくなる、枕はあまり使わない

-1前回施術前状態に身体のねじれが戻っている、背部の緊張が強く継続して弛緩を必要とする傾向

 

-2左肩甲骨の盛り上がり


-3脚(下肢)の過緊張


-4胸郭の萎縮(僧帽筋 広背筋ほか)


-5左腹横筋腱膜緊張にて左肩盛り上がりの影響


-6左股関節が軽く曲がりお尻を浮かしている(大腿四頭筋過緊張)

 

2)霜焼けは前回脚から足底腱膜他組織までの弛緩、血行促進にて調子良いとの事

 

2017-01-14 16.24.56_R

 

 

|2回目施術後

2

上記の身体の捻じれや緊張を弛緩した

 

今後定期的(最低月1回程度)の来院を勧める

 

 

|定期来院を勧める3つの理由

次の3つが言える

1)体幹の捻じれが元に戻る

 

2)ご自宅での運動が出来ているのかチエック

 

3)1・2を継続し楽な状態を作り出す、痛みを作らない身体づくりが出来ているのかチエックを行う(術前後の画像比較解析にて自身の現状を知る)

 

 

|詳しく説明

1)2の自宅で指導したセルフケア(適正な運動や柔軟性を保つストレッチなど)を怠る、すると身体の動きに前後左右の差が出る、更に動きが悪くなり痛みとなる

 

例えば腕が上がらなくなる五十肩など、まるで衣服を引っ張りながらバンザイする様なもの

 

 

2)1を起こさない為にご自身で生活習慣(姿勢や癖など)を変える、職業病などで同じ動作の繰り返しによる緊張をほぐしセルフケア

 

3)定期的に当院にてチエックを行う事で過不足の調整、やり過ぎても実践しなくても前に進まない、日頃ご自宅にてケアしたものを最終的に仕上げ継続的解消を狙う

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.