急性腰痛で10年ぶりの来院

2016-11-13

<来院者様>

30代 男性

 

<気になるところ>
急性腰痛

一昨日から腰痛 コルセット着用、現在まで整骨院など時折通う(度々の腰痛)

問診の中で伺う、10年前くらい同症例にて来院履歴ありとの事

 

 

<施術前>

1

 

<問題点>


-1下肢の緊張

-2右臀部~大腿下腿外側の緊張(梨状筋 大腿二頭筋 腸徑靭帯 梨状筋 上双子筋)股関節がに股(過外旋)、内旋にて腰部への痛みの響き・・弛緩を行うと寝返りの痛みが減少

-3左肩甲骨 肋骨(胸郭)の盛り上がり・・腰痛の代償行為

右軸脚にて日頃からの過負荷なのか?、2の施術を行うと自動的に好転へと向かう

代償行為と言うのも実際腰痛の為にコルセット着用、腰部の動きをサポートする分背部が過負荷にて痛になる

-4骨盤が左下向きに変位(左後下方腸骨)

-5左脚が短い、脚の筋緊張

-6腰部の狭窄と炎症の可能性(10年間の間同様の症状を多数繰り返す)

6の疑いは牽引にて痛みが緩和する事からも言える(牽引で神経の通り道椎間が広がる為)

 

 

<施術後>

2

現状腰痛のためなのか?もしくはその姿勢にて腰痛の起因となっていたのか?この段階では分からない、今回はこれまででとりあえずトイレなど必要最小限動ける程度に施術、以降は消炎を待つしかない

 

今後7日程度経過を診て今後の方針を立てたい(ストレッチなどの自宅運動療法)、出来れば仕事は休んで頂きたい事を伝えた

 

<予後予想として>
1ご自宅でのアイシングを行い痛みが速く治まる

もしくは

2椎間狭窄からの痛みにて神経系路もしくは靭帯など深部などの炎症であり消炎に長期掛るのか?

 

 

今回は2の予想が当ってしまう

 

経過をメールにて教えて頂いた所、約7日間安静にてようやくましになると報告を受けた

 

ここで大切なポイントがひとつある

1何回も同じ腰痛を繰り返す

この事で症状も回数を重ねる事に悪化してしまう※今回は脚への痺れなど無いがその傾向

 

 

この場合も10年前もそうである、身体の柔軟性を出す様にストレッチなどのケアを自身でされると今の痛みは無い

 

 

ここを強くお伝えしたい、「楽になるより痛くならない事」である

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.