肩コリで顎が痛い

2016-10-23

<来院者様>

50代 女性

 

<気になるところ>

1)口が開きにくいので歯科医へ受診、顎関節症を疑われるもご本人は気が付かれていない、しかし肩凝りは酷いのでそれとの関連性を思い当院へ

 

前記の顎関節症であるが医師にてマウスピースの着用を処方、更に問診にて肩に力が入り歯も噛みしめる事を伺い確認出来た

 

やわらぎでは症状緩和の手伝い原因の一旦として肩凝りを担当、身体全体のバランスおよび筋弛緩のトリートメント&肩に力が入るストレス解消のお手伝いとした

 

 

<施術前>

1

 

<問題点>

視診にて
1)-1左脚が短い・・骨盤調整および筋弛緩

1)-2左のお尻が大きい(傾きほか筋委縮)・・左の骨盤調整と腹斜筋群の弛緩および左右の筋長調整

1)-3左肩甲骨の盛り上がり、対して右肩甲骨外方へ滑り込み雪崩れて見える・・右大胸筋 胸鎖乳突起筋、左僧帽筋中部繊維と菱形筋の弛緩

 

触診

1)-1下肢および全身(背面)の過緊張

1)-21にて股関節ほか関節の動く範囲が狭い(身体が硬い)・・大腿二頭筋 四頭筋 腓腹筋ほか弛緩

1)-3頚椎の緊張にて動きが悪い・・頚板状筋 頭板状筋 僧帽筋下行部緊張をストレッチングにて弛緩

1)-4バンザイ出来ない(上腕骨の挙上制限)・・広背筋 前鋸筋 僧帽筋ほか過緊張を弛緩

 

 

<施術後>

2

脚長差、体幹の捻じれや左腸骨の後方変位修正

 

足首の柔軟性も出て来たので横から見て足の状態もベットへ自然沿っている感じが分かる

 

 

 

肩凝り腰痛にしてもほぼ関節の「動く部分と動かない部分」への影響、その事で痛みに転じる事がある、その落差を埋めるように身体を調整すると好転する事が多々ある

 

先ずは日頃から関節の柔軟性を高めるために行う事、ストレッチ位は行いたいものである

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.