肩凝りと握力2

2016-07-24

<前回までの症例報告>

前回リンク参照
肩凝りと握力

 

来院者様、30代 女性
来院動機として
1)最近疲れやすい、以前は県外に在住で近所の整体へ行っていた、今は行っていない

2)左ふくらはぎの痛みと痙攣ほか、歩き方が悪い気がする

 

1)-1 肩関節の動く範囲は問題ない、しかし肩凝りがあり巻き込み肩

1)-2 その肩凝りは頚椎由来では無いのか?

手先の痺れは無いが念の為握力テストを行う、神経経路の正常かの有無を検査
右 18.3 左 13(kg)


※上記テストから左側の筋力低下(-5.3kg)がある事が判明 、更に左に向きにくい事が判明

 

<2回目施術前>

1

前回の術前画像では目視で左臀部の緊張や肥大、左脚も短い、背部や肩も左側に盛り上がりがある

上記所見を認めた

2回目の術前画像からはその異常が認められない、前回の施術好転後後戻りしていない

 

今回も追加的に身体全体の動きを好転させる、ストレッチを交えた施術を行い更なる好転をねらう

 

頚椎付近の緊張が弛緩されたところで握力確認を再確認

右18.3

左17.6

頚椎操作にて肩凝り減少と共に握力の左右差が0.7kgに減少(前回5.3kgの左握力低下だった)

 

 

<2回目施術後>

2

目視確認にても傾きや脚の長さの異常など消失、今後月1回程度のメンテナンスで問題無い事を伝え次月のご予約を頂いた

 

 

<備考>

時として体幹の傾きや脚の長さが左右違うなど、主訴に織り交ぜ問診の際お話しを頂く

しかしながら「脚の長さや傾き」が原因での症状はあまり理解さてていない、具体的には「肩凝りや腰痛などの慢性的な痛み」および急で繰り返す作業などでは急性痛も呼ぶ

 

単純にその見た目が痛みに直結する場合は特に問題があると言える、そうでない場合は生まれつきの場合もあり一概に外観がすべて異常に繋がるとは考えにくい

 

なので確かに見た目と痛みが関連あれば問題があるので注意された方が良い

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.