1年前に膝を傷めて正座が出来ない2

2015-09-13

1年前に膝を痛めて正座が出来ない参照

<前回からのあらすじ>
1年前に膝内側の痛み、娘さんと旅行に行き相当量歩いた事がきっかけである
その後帰宅して近所の整形外科に行き診断を受けた、右内側半月板が若干変形して関節の隙間が狭くなっているとの事

そこまでは心配する事ないとの事でその後消炎して痛みも沈静にて現在に至る

しかし最近脚がだるく膝周りの倦怠感、膝が曲がらない(正座できない)との事でのご来院、正座は健康な膝にもトラブルを与えるのでその旨をお伝えした

 

<上記リンク症状の経過3回目来院>
結果からするとかなり体幹他画像からも変化が見れる

<第1回目の施術前>
3

 

<第1回目の施術後>

4

体幹他にも気付きはあるが今回気になるところでもある脚、施術前は左足が短く右脚が外へ開いているのが分かる、施術後は股関節などの動きも良くなり足の長さも揃ったのが画像からもわかる

 

但し足関節の内がえし(足裏を合わせるかのような格好)がきつく長趾屈筋の緊張も残存している

 

 

<第3回目の施術前>

1

第1回目の様に左足の長さが短い部分はさほど気にならなくなる、しかし以前と同じように右足は外向きになっているのが分かる

 

 

<第3回目施術後>

2

今回は足首の内がえしを特に意識して施術を行い修正を掛け好転した、その足首の内がえしの原因として体重を小指側に掛けて歩行をしているのが分かる、ゆえに思わぬ過負荷と疲労感をご本人様も感じるのではないのか?

 

特に足底の皮膚肥厚を確認しても母趾球側は柔らかい皮膚である、今後歩行指導も ノルディックウオーキングなどを使いアドバイスを考えるのは姿勢と重心の掛かり方を修正するのだ、その事で正常な歩行と重心の掛かり方で支持基底面をやたらと増やさない事で恒久対策としたい・・年齢は重ねても遅くはないのである

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.