1年前に膝を痛めて正座が出来ない

2015-07-26

<来院者様>
70代 女性

 

<気になるところ>
1年前に膝内側の痛み、娘さんと旅行に行き相当量歩いた事がきっかけである
その後帰宅して近所の整形外科に行き診断を受けた、右内側半月板が若干変形して関節の隙間が狭くなっているとの事

 

そこまでは心配する事ないとの事でその後消炎して痛みも沈静にて現在に至る

 

しかし最近脚がだるく膝周りの倦怠感、膝が曲がらない(正座できない)との事でのご来院、正座は健康な膝にもトラブルを与えるのでその旨をお伝えした

 

 

<施術前>

1

 

<問題点>
1)右足が短い
2)右のお尻が大きく見える・・腰部の左後方回旋か?
3)左肩後方への盛り上がり、足方への変異

 

先ずは身体の捻じれを修正(正中線確保)のために脚の長さを揃え右臀部の後方回旋を修正

 

その際に気になる事が数点あった
1)向こうずね(下腿全面)のむくみ、指で押しても型がついて元に戻らない故血行障害?
2)脹脛(下腿後面)の表皮へ細い静脈が浅黒く変色した状態が多数

倦怠感(だるみ)はこの事からも栄養や老廃物などの置換不良も起こしやすい傾向、実際に運動不足もあり体重も一時期よりも6kg増加したとの事

 

上記から
先ずは身体の捻じれを整え(前後左右の筋長正常化)や正常な関節の動きを取り戻す、これをテーマに施術を行った

 

<施術後>
2

肩の変位(左右の位置異常)の修正、脚の長さを揃えむくみを除去した
更に大腰筋の筋力テストを行うと低下が伺える、その事で腿が上がりにくい事もあるので歩行しやすいように筋強化した

痛みと異なり倦怠感など施術後すぐに効果確認は困難、従ってご自宅にて大腰筋トレーニング+ウオーキング(むくみ防止)を行い14日後再来院にて経過観察とする

 

尚、客観的効果だが寝返り動作が5秒程度速くなる、施術前はテーブルに腹臥位になる際もまるで腰痛の歴があるように動作に違和感、念のためにご本人様へ確認を行うが歴はない

 

その事からもどれだけ各関節の動きが悪く他の部位が代償していたのか?その事が良く分かる症例でもあった

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.