テニスの練習で急に腰が痛い

2015-07-12

<来院者様>
13歳 女性

 

<過去の障害>
1年前に右内側側副靭帯損傷にて整形外科へ通院した、その際のリハビリは特にしていない、その後同場所に違和感や痛みで現在も休日以外はほぼサポーターを着用していると不安が軽減するとの事

 

<気になるところ>
4日前から腰痛発症 左臀部でも中殿筋寄りの位置に激しく痛みがある、本日から1日前専門医への通院にてロキソニン処方 25㎎飲むが効かない


特に座る時や歩行痛がある、本日は日時の経過からかなり良くなって来たが発症当時は普通に歩けないくらいの痛み、その考えられる原因としてソフトテニス部であり4日前の激し練習だと考えているとの事

 

<施術前>

 

JK1

 

<問題点>
1)右脚が短い
2)画像では判らないが右筋力の低下(軸足は左)
3)左臀部の膨隆

上記症状から左足にて歩行や運動時(テニス)踏み込みを行っている、その際に局所的に使い過ぎて筋疲労を起こしやすく今回の急性腰痛に至ると推測、ご本人様に確認を取るとやはり左が軸足の様である

 

腰痛左(臀部)大殿筋伸展痛(前屈みになると痛い) 炎症の可能性がありアイシングにて好転の兆しを確認、ほか近隣部位の弛緩を行い痛い部分をかばえるように柔軟性を持たせた

 

<施術後>
JK2

<効果の確認>
1)脚の長さが揃う
2)左臀部の膨隆は筋力差も含み完ぺきではない、今後右の筋力トレーニングにて補正する予定
3)痛みが主観的印象で半分以下になる

 

 

恒久対策について
1)右脚が短い原因ともなる大腿四頭筋過緊張であるが確認のために膝関節の曲がり具合を左と比較、やはり曲がらないでいる※以前に傷害した内側側副靭帯の損傷からの筋弱化やサポーター多用など動きの悪化を推察
2)1の内容が今回の腰痛に関して大きく関係していると思われる
3)念のため股関節外転(また開き)中殿筋と過伸展(のけぞり)大殿筋の筋力を確認すると右は弱化している事が判明、中殿筋トレーニングを指導して定期的に来院頂き大腿部の筋力や関節の動きを補正する
4)股関節まわりと膝まわりの筋力強化を行い最終的には膝サポーターが外せる段階まで修正を行う

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.