慢性肩こりが脚に与える影響

2015-01-11

<来院者様>

60代 女性

 

<気になるところ>

左の肩がだるくて仕方ない、肩こり感も強く少し我慢できなくなったので来院

無題

<問題点>
1)背部筋(僧帽筋・上 中 下部繊維共に過緊張
2)左は広背筋も過緊張上腕も少し上がりにくい
3)両側の前鋸筋過緊張にて肩甲骨が前足方へ変位して巻きこみ肩の状態で肩甲骨の自由度をかなり奪っている
※施術前画像:左では左足が短いのが確認できるがご本人様肩のみのご要望に付きここの問題点では触れない

 

上記写真は左施術前、右施術後の比較写真である
左写真の左足が短い事が写真からも判る

 

実は臀部以降脚関係は一切触ってない、肩こりという事で胸郭の動きをストレッチと筋弛緩にて増大させただけなのだ、なのに右施術後の下肢の長さが好転している

 

良く肩回りが調子悪いからそこだけの施術を望まれる来院者様もいらっしゃる、しかしこの様に全身症状なのでその辺は留意して頂きたい、逆の発想をすれば全身を確認した方が主だったお悩みの解決率はグンとUPするのである

施術時間

午前
9:00〜12:00
午後
14:30〜19:00
休院
日曜
電話
0847-44-6245
〒729-3103 広島県福山市新市町新市977-2|ご予約:0847-44-6245(9時~19時)
Copyright© 2012 新市町・駅家町の整体|やわらぎ整体堂 All Rights Reserved.